レーザー脱毛に重要なのは毛周期

レーザー脱毛はエステサロンで行われている脱毛法です。

医療機関で行われる医療脱毛のように強い痛みがなく、一般的に輪ゴムで弾かれた程度の刺激だといわれています。

また相対的に施術時間が短いことも特徴です。



毛周期とは毛の生え変わる周期のことです。



実際に目に見える形で生えているのは全体の2,3割で、ほとんどが肌の下でまさに成長して表に出ようとしている状態なのです。


レーザー脱毛はこの毛周期との関わりが大きく、肌表面に出ている成長期の毛に働きかけることで毛を細く少なくしていき効果を得ることができます。
つまりはっきりとした効果が感じられるまで継続的に続ける必要があるということです。

はやくレーザー脱毛を終わらせたいからといって月に何度も通うことはできません。

サロンでは最低2ヶ月は間隔をあけるようにすすめています。


成長期の毛にしか効果がないため、毛周期にあわせた施術を行うことでより効果的に脱毛することができるからです。
また毛周期は腕や脚のように部位によって異なることが知られており、サロンではそのような状況も合わせて一人ひとりに合った施術が進められていきます。実際に初めのカウンセリングで毛周期のことや料金の説明があるので安心して施術を受けることができます。とはいえ脱毛方法はほかにもニードル脱毛など種類があるので、脱毛効果が大きいものがいいのか、痛みの少ないものがいいのかなど自分の求めるものにあっているのか確認しつつ選択する必要があります。